ツール

2009年7月30日 (木)

私の使っている道具たち【自宅編】

自宅では以下の道具を活用しています。

穴あけパンチ   【商品名】2穴パンチ フォース 1/2S 【メーカー】PLUS 【価格】735円

 デザインが気に入っています。

デスクカッター   【商品名】DC-200 【メーカー】カール 【価格】1980円(購入価格)

 バータイプのマグネットをA5サイズカット用の固定板としています。

■プリンタ

 両面印刷可能なインクジェットプリンタです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の使っている道具たち【携帯編】

私が常に携帯している一元管理ツールは以下になります。

■A5バインダー   【メーカー】無印良品 【価格】231円 【材質】ポリプロピレン

 厚さ3cmでそれなりに多くの書類を収納できるところと、無印ならではのシンプルなデザインが気に入っています。表紙裏のポケットも使い勝手いいです。

 ※最近、店舗であまり見かけなくなってきました。もしかして廃版??

ルーズリーフ(横罫線)   【メーカー】無印良品 【価格】105円 【枚数】50枚

 商品名のとおり、「さらさら」書ける気がします。

ルーズリーフ(方眼)   【メーカー】無印良品 【価格】105円 【枚数】50枚

インデックス(8山)   【メーカー】マルマン 【価格】210円

 ラミネート加工されているので簡単にはへたりません。

ペンホルダー(2本用)   【メーカー】無印良品 【価格】525円

 ほかのメーカーのものもありますが、無印が一番安い?(ほかのは800円くらいします)

名刺ポケット   【メーカー】カール 【価格】577円 【枚数】10枚

 シールタイプになっているのでバインダーに直接貼り付けられます。名刺が取り出しやすいようにサイドに丸い切りかきがあります。

 ダイソーにも105円(25枚入り)で同様のものがありましたが、粘着力が弱いのと強度がないのとで、ちょっと高いですがこれにしました。

カードケース   【メーカー】ティ・シー・シー 【価格】147円

 穴あけパンチで穴をあけて、カレンダーとメトロマップを入れています。

■下敷き   【メーカー】ダイソー 【価格】105円

 A5版の下敷きは見つけられなかったので、B5版の下敷きを購入してA5サイズにカットしました。方眼タイプのもので、メモリもついているので定規代わりにもなります。

■パンチ穴補強パッチ   【メーカー】ダイソー 【価格】105円

 穴の間隔が2穴バインダーとピッタリくるので、そのままバインダーに綴じています。

ファスナー付ケース(マチなし)   【メーカー】無印良品 【価格】105円 【サイズ】B6ワイド

※リンクはB5ですが、店舗に行くとB6ワイドというサイズがあり、これがピッタリきます。 Dsc03863_2   

 これを溶着シーラー(こんなやつ)で部屋割りしたら非常に便利になりました。部屋割りしないと下に寄っちゃってかさばるんですよね。。

 付箋紙、シャープペンの芯、クリップ、レターカッター、消しゴム(ペンタイプ)、携帯パンチ を収納しています。

レターカッター   【商品名】レターカッターⅡ 【メーカー】ミドリ 【価格】420円

 これは優れものです!A4用紙を2つに折って、これをサッととおせばきれいに裁断されます。3枚くらいは同時にカットしてくれます。

 「サーッ」と切れる音がなんとも気持ちいい

シャープペン   【商品名】グラフギア1000 【メーカー】ぺんてる 【価格】1050円

 ノックの押し心地や適度な重み、重心の低さ、グリップ感が自分にはマッチしてます。初めて一生モノと思えるシャープペンに出会いました。

ボールペン   【商品名】ジェットストリーム 【メーカー】三菱鉛筆 【価格】157円

 サラサラ書ける感じです。

蛍光ペン   【メーカー】無印良品 【価格】84円

 これは正直、特別におすすめというわけでもないですが、長いこと使用していて特に不満もないので。比較的滲みは出にくいのではないかと思っています。

消しゴム   【商品名】MONO ZERO 【メーカー】トンボ 【価格】367円

 収納しやすいのでこれを使っています。消しゴムとしての機能は普通だと思います。

携帯パンチ   【メーカー】無印良品 【価格】504円

 薄いのでファスナー付ケースに入れて携帯しています。

基本的に、お気に入りかつ必要な文房具をすべてA5バインダー1冊に集約している感じです。

なので、「あれ?あのペンはどこに行っちゃった?」とかいうことがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A5バインダーのイメージ

実際に使っているバインダーです。

Dsc03855_3 閉じているところ

Dsc03856_3 開いたところ(表紙裏)

ポイントは、シャープペンをバインダーのリングにはさんでいるところです。1本ならページめくりに干渉しません。

また、名刺ホルダーと、ペンホルダーを表紙裏につけています。

Dsc03858_2 ペンホルダーはこの位置だとページを開いたときにじゃまになりません。

また、持ち運びにも影響しません。(上端に付けると鞄の中で結構じゃまになるのです。その意味でも表紙裏にポケットのついているこの無印バインダーが私には最適です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必要なツール

A5バインダーでの一元管理に必要としているツールは以下のとおりです。

【必須編】・・・最低限必要としているもの

■A5バインダー(2穴)

■A5ルーズリーフ

 ・ノートタイプ
 ・方眼紙タイプ

■インデックスシート(8山)

■お気に入り筆記具

 ・シャープペンシル
 ・ボールペン
 ・蛍光ペン
 ・消しゴム

■ペンホルダー(2本)

■付箋紙

■シャープペンの芯

■パンチ穴補強パッチ

【便利編】・・・あると便利なもの

■携帯パンチ

■レターカッター

■名刺ホルダー

■オリジナルリフィル

■下敷き

■タイトルページ用厚紙

【補助ツール】・・・職場や自宅で必要となるもの

■穴あけパンチ

■デスクカッター

■冊子印刷のできるプリンタ

(両面印刷ができる機種であれば大抵は着いてるのでは。機能がなければ2アップ印刷で対応)

| | コメント (0) | トラックバック (0)